1. TOP
  2. 試験案内
  3. 預金法務再入門モバイル検定試験

預金取引の法律知識を維持し法令改正も理解していることを証明する試験!
預金法務再入門モバイル検定試験
                    
    受験料2,750円(税込)

 「預金法務再入門モバイル検定試験」は、金融機関の基幹業務である「預金」の法律知識を継続的に維持できているか、2020年の債権法改正や2019年の相続法改正で預金実務がどのように変わったかをきちんと理解できているかを確認することができる試験です。合格に向けては相当量の知識が必要ですが、これらの知識は顧客との信頼関係維持には不可欠なものです。本試験の合格により、責任ある金融機関職員として必要不可欠な法律知識を継続的に学習している人材であることを証明することが可能です。

□ 預金法務再入門モバイル検定試験

  出題方法 参考書 
預金業務の法的性質、預金取引の共通問題、当座預金の実務と法務、普通預金・貯蓄預金・通知預金の実務と法務、定期預金の実務と法務、別段預金の実務と法務、総合口座の実務と法務、預金取引の特殊問題、付随業務 ○×式50問
ランダム出題
(2回チャレンジ可)
預金法務再入門講座
(3ヶ月コース)テキスト3冊
受講料14,700円(税込)
銀行研修社発売

* 試験時間に制限はありませんが、○×式50問で、60分程度で解答可能です。

* 合格基準:60点(50問中30問の正解で合格)






前頁へ戻る