1. TOP
  2. 試験案内
  3. 相続実務3級試験級試験

お客さまの相続問題に即対応できる実務知識を問う!
相続実務3級検定試験
                    
      受験料4,400円(税込)

 本格的な高齢化社会を迎え、多額の資産を持つ個人客が増えていますが、個人資産は預貯金から投資への移行が進み、相続資産の評価が複雑化しています。また、相続預金取扱の最高裁判例変更により実務に変更があり、成年後見制度や寄与分などの対処によっては、後日トラブルに巻き込まれるケースもあります。このような先は重要顧客であることが多く、相続知識・実務は正確に理解しておかなければなりません。本試験に合格することにより、相続取引全般の理解度が判定でき、日常の実務や顧客アドバイスに自信がつきます。

試験委員長 齊藤 幸司(齊藤会計事務所・税理士)
  委 員 野入美和子(野入司法書士事務所・司法書士)


□ 相続実務3級検定試験

  出題方法 参考書 
相続と法務
 相続の開始/相続財産の範囲/相続人の排除・欠格事由/相続の効力/相続財産法定相続分/その他の相続分/遺産分割/相続の承認・放棄/相続人の不存在/遺言/遺言の執行/遺言・遺贈の撤回・放棄/遺留分
三答択一式
50問
相続取引基礎講座
(3ヶ月コース)
受講料12,380円(本体)
銀行研修社発売

相続実務3級検定試験模擬問題集
A5判・並製・224頁
定価2,530円(本体)
金融検定協会編
銀行研修社発売
営業店行職員に求められる相続実務について基礎解説を施すとともに96問を収載
相続の税務
 相続税の課税対象となる財産/相続税の課税対象とならない財産/相続財産から控除される財産/相続税の計算/相続税の申告・納付/贈与/財産評価
相続と金融実務
 相続発の情報入手と手続/遺産分割協議前の相続手続/遺産分割協議による相続手続/遺言書による相続手続/調停審判等に基づく相続手続/預金相続と異例扱い/手形小切手・貸金庫取引・有価証券等と相続/保証人の相続/その他の異例扱い

* 合格基準:60点以上、但し試験結果を踏まえ試験委員会で決定






前頁へ戻る