1. TOP
  2. 試験案内
  3. 個人情報取扱者検定試験

個人情報取扱いミス・トラブル防止の知識を問う!
個人情報取扱者検定試験
                    
     受験料4,300円(税込)

 個人情報の漏えい事件、紛失事故は後を絶ちません。個人情報は金融機関の取引において不可欠なものであるだけに、その取扱いの不備によって顧客から信頼を損なうと、取引までに大きな影響を与えることになります。そこで、本検定試験では、個人情報保護法の基本、金融庁ガイドライン、全銀協自主ルールなどの制度・ルールの基礎知識から、実際の金融取引における個人情報の取扱いについて、実務のポイントを金融機関の職員を対象に、その知識・実務上の判断能力を判定します。

試験委員長 小田 大輔(森・濱田松本法律事務所・弁護士)
    委 員 渡邉 雅之(三宅法律事務所・弁護士)


□ 個人情報取扱者検定試験

  出題方法 参考書 
法令・制度の基礎知識
 個人情報保護法の基礎知識/個人情報保護法の特徴/情報の取得に関する規定/情報管理に関する規定/情報の第三者提供に関する規定/安全管理に関する規定/保有個人データの公表・訂正・削除等に関する規定/その他の義務に関する規定
三答択一式
50問
個人情報取扱者講座(2ヶ月コース)
受講料9,500円(税込)
銀行研修社発売

個人情報取扱者検定試験模擬問題集
定価2,500円(税込)
金融検定協会編
銀行研修社発売
金融実務と個人情報
 預金取引と個人情報/預金業務と個人情報/融資取引と個人情報/与信審査・管理と個人情報利用/ その他融資業務と個人情報/金融商品取引業務と個人情報/保険業務と個人情報保護
支店業務と個人情報
 支店管理職の情報管理/教育研修と管理者の役割

*合格基準:60点以上、但し試験結果を踏まえ試験委員会で決定

*第36回金融検定試験(平成25年5月19日開催)以降の検定試験より、個人情報取扱主任者(PSM)検定試験から個人情報取扱者
  検定試験に名称変更されました。




前頁へ戻る